先天性緑内障

先天性緑内障を発症する年齢

赤ちゃんのうちに見つかることが多く、ほとんどの場合には生後1年以内に発症します。一般的には緑内障は加齢によって生じることが多い中で、特殊なケースと言えるでしょう。

先天性緑内障の原因

房水を排出する前房隅角の形成異常が原因で、房水の排出が適切に行われず、眼圧が上がってしまいます。この眼圧の上昇が発症の原因となります。

先天性緑内障の症状

症状を放置しておくと、視野欠損や失明につながることがあります。赤ちゃんがまぶしがる場合にも、先天性緑内障の症状である疑いがあります。また、外見上の大きな特徴として、牛の目のように黒目の部分が大きく見えることが挙げられます。片方の目だけが発症している場合には、左右で黒目の大きさが違うことで見分けられることがあります。黒目の大きさが、新生児で10.5弌6ヶ月で11.5弌1歳で12.5舒幣紊△訃豺腓砲蓮発症している可能性があります。乳児期には目が柔らかいため、眼圧が上昇するとその影響で角膜が大きくなるため、このような現象が生じます。
先天性緑内障の治療
放置すると失明や視野が欠けていく原因になりますので、早期に手術を行う必要があります。赤ちゃんの段階で手術を行うことには心理的に抵抗があると思いますが、そのままにしておくと視神経の発達にも影響しますので、適切な治療を受けられる眼科を見つけることが必要です。

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜

当サイトコンテンツ
緑内障の名医

緑内障の原因

緑内障の症状

緑内障の検査

緑内障の治療

緑内障の手術

緑内障の薬

正常眼圧緑内障

先天性緑内障

急性緑内障

緑内障の予防

緑内障と眼科

緑内障と病院

緑内障の専門医


Copyright (C)2007 緑内障克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system